おはよう。エディです。大雨や雷...大丈夫ですか?俺はやらなければならない仕事が多くて、水面下でがんばっています。ミットレの選曲もマジで大変。毎週1時間の夢を紡ぐために、水面下でモーレツにバタ足してます(笑)。こういう鳥っているよね?





7/13(水)に開幕になる『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』。場所は、シアターオーブ。



問答無用のアンドリュー・ロイド=ウェバー大先生の名作だが、これはまだ22〜3歳の時の最初期の逸品。『オペラ座の怪人』『キャッツ』『ジーザスクライストスーパースター』などで世界を虜にしていく、アンドリューの天才がすでに感じ取れるんだ。



作詞が、我らが『チェス』のティム・ライス氏。2人とも学生で、まさにここが出発点。アナトリーとしては、ティムのスタート作品という点にも関心を持たずにはいられない。



考えてみたら、ミュージカル俳優をこんなに長くやっていてアンドリューの作品に出たことがないっていうのも不思議だよね。まあこれは縁だから仕方ないけれど。ファントムはやってみたい役だなあ。



昔から好きだったのが、この『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』のClose Every Door。マリウスをやっていた頃、一度アフターステージパーティーかなにかで歌ったことがある。悲しみに満ちたマイナーコードが切ない大名曲だ。実は25年くらい前にロンドンで舞台も見たことがあって、とても思い入れがある作品なんだよね。作品の印象は...腹筋とギャ〜だ(笑)。




主役のヨセフは、ジャニーズのスターのようなイケメンの青年。スーパー人気であった。とにかく出てくるたびに「ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜」という黄色い大絶叫が沸き起こったことを今も覚えている。それから主役の腹筋ね。ヨセフはずっと上半身裸なので、6つに割れた腹筋が羨ましいったらありゃしないのよ、奥様(あほ)!ここもレディーは必見ポイントかもしれん。




今回の来日公演は、ブランケンビューラーが新演出・新振付とのこと。今ブロードウェイで最も熱いクリエーターと言われるブランケンビューラーなので、これは本当に楽しみ。ストーリーは単純なので、予習する必要もなく、美しい楽曲と腹筋(あほ)を楽しみに身を委ねてもいいと思う。楽しい作品、夢とパワーのある作品だって思ってもらえると思います。おすすめです!



応援コメントを録画しました。是非見てみてね。





   ★『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』
石井一孝の応援コメント





俺のイチオシの「Close Every Door」をオズモンズのDonny Osmondが歌ってるヴァージョンを発見しました。





   ★ヨセフの魂の名バラード「Close Every Door」  /    Donny Osmond




このドニーオズモンドは、めっちゃ歌ウマSingerで、今も現役バリバリにCDを出していて、かなりAORな曲も多いんだよ。Jay Graydonもドニーが大好き。次の曲はボビーコールドウェルの名曲のカヴァー。プロデュースはRicky Petersonだよ。みんなRicky Peterson知ってるかな?ど天才やで。






   ★ボビーコールドウェルの名曲AOR「What You Won't Do For Love」(風のシルエット)をカヴァーするドニー・オズモンド






これは、皆様お待ちかねイケメンLee Meadのもう1つの名曲。Wickedにも出てるロンドンのスター俳優です。





   ★ヨセフのもう1つの代表曲  Any Dream Will Do / Give Me My Coloured Coat     /   若きイケメンミュージカルアクター  LEE MEAD







   お題:

1   Lee Meadに落ちましたね(笑)?

2 Donny Osmondの風のシルエット格好良すぎ、やばすぎじゃないですか?

3 『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』は見たことありますか?この作品のこと知っていましたか?






ヨセフ 販売先情報1.jpg
ヨセフ 販売先2.jpg










山野楽器さん7.jpg







石井一孝ニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』。全国の山野楽器さんで販売中。購入者特典イベントが7/29(金)に開催されます。トーク&歌&レコーディング映像上映会。是非ご参加下さいね。


   





   ★I Could Be That Guy(いつか、あいつになってやる)       from 石井一孝ニューCD『Swing in the Midnight Blue』

















石井一孝の20曲2枚組の渾身のニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』





   <収録曲>


★『CHESS』より

You and I (reprise) with 安蘭けいさん

Where I Want To Be  with AKANE LIVさん



★俺の書き下ろした渾身のアダルトAORデュエット『5センチの勇気』with 姿月あさとさん




★『天使にラブソングを』より、エディーの歌う切ない心「I Could Be That Guy」



★『ゾロ ザ・ミュージカル』よりホープ そして ラモンの子守唄。



ご覧のように...ミュージカルも豪華ゲスト様参加オリジナル曲もガッツリ収録しています。特に『ラモンの子守唄』を自分のアルバムでカヴァーしている俳優は、世界中で俺一人だと思います(笑)。



全体に大人っぽいアダルトな仕上がりになっていると思います。ジャズやソウルタッチの曲も多いです。是非是非聞いて下さいね。






   <長夏求婚のお題>


1  ひたすらに馬鹿ップルな気持ちで攻めたミットレ#12はいかがでしたか?気に入った曲はありましたか?




2  プロポーズの言葉。1〜6のどれが気に入りましたか?他に面白いプロポーズ台詞、教えて下さい。ところで鼻血をツ〜っと流すウブな男はいかがですか(笑)?




3  「花嫁付き添い人の秘密」メインテーマは気に入ってくれましたか?メグのテーマや、サンキューメルシーグラシアス(元 ナオミのテーマ)。この作品のために書き下ろした曲はどれもクオリティが高いと思ってます。ルーシーのテーマもセルフカバーしたい。俺がオリジナルミュージカルの曲を書いたら見に来てくれますか?





4   ワインは飲めますか?俺はアルコールはなんでも飲みます。ビール・梅酒・バーボン・ワインが特に好きかな。ただしワインは酔う、悪い男になりそうでちょっと危険(笑)。チーズはね、味覚がお子ちゃまなので、ブルーチーズとかアダルトなのよりカマンベールかスライスチーズが好きです。



5 For Tonight は好きですか?18才の時、人生3曲目に作った歌です。花火大会の夜に真実の愛を告げる。このシチュエーションどうっすか(笑)?






追伸:  回顧録のお題は、みんなを楽しい気持ちにさせたくて面白おかしく書いています。でも分量多いです(笑)。ミットレ・ディレクターの岸野さん、井上くんからも「石井さん、欲張りすぎです」と言われています(笑)。

そんなわけで、全部答えなくても大丈夫です。一言「楽しかったあ」とか「〜〜という曲が好きでした」とかだけでも全然OK。一言でも回顧録に参加してくれる方が嬉しいなあ。




わたしには敏腕コメントなんて書けないし...とお嘆きのあなた!もっと極端に短いコメントでも大丈夫です。例えば



「石井さん、今回は◯◯◯という曲が一番好きでした」
「カズさん、いつにも増してハイテンションでしたね」
「Swing in the Midnight Blue      の曲が聴けて嬉しかったです」



これだけでもいいんだ!質問は全部無視しても構いません!どうだ、この歩み寄りぶりは(笑)!




そんなわけで、初めてコメントの方、大募集中。


よろしくね〜(((o(*゚▽゚*)o)))










プロポーズスペシャル用ボケ写真(笑).jpg





~Midnight Blueな夜の帳が...あなたの心をやさしく撫ぜるひととき...真夜中の宝箱~


ハロー、ミットレリスナーの皆様。
過酷な暑さと闘っていますか?俺は汗だくエディという役で、暑さと闘うどころか仲良くする毎日です(笑)。ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』。昨日、東京の千秋楽を終えました。次は7/2、7/3の大阪公演ですよ~。関西に上陸いたします。

さあ。ジューンブライドの季節ということで、リクエスト大募集をかけていましたプロポーズソング。本日は、プロポーズをする時、される時にこんな歌がBGMでかかったら素敵!そんな曲を集めて選曲してまいりました。名付けてプロポーズスペシャル!そのまんまやないか!はい。直球でいきます。


まずは、熱烈な求愛の歌。こんな曲をBGMにイケメンにくどかれたら、俺も結婚してしまうと思います(笑)。


「愛は永遠。その炎は今宵のメロディーに火を灯す。
君は星のきらめき。僕の空を輝かせる」


さあ、君も今から馬鹿ップル。




  ★Sparkle  /  Earth, Wind & Fire 「Faces」







「Faces」収録のスパークル。アースのアルバムで代表作と呼ばれてるのは、「太陽神」とか「I Am」あたりかな。でも俺がアースで一番好きなのは「Faces」というアルバムです。かなりAOR的な仕上がりで超オススメです。是非チェックしてみてね。



さあ、今夜は「プロポーズスペシャル」。気分は馬鹿ップル(笑)で進めてまいりたいと思います。



     CM



プロポーズの言葉。これは「恋の落伍者」と言われている俺には想像もつかないけど、きっと考えに考え抜いてするんだろうね。プロポーズの時の言葉をいろいろ調べました。有名なところでは 「僕は死にましぇん」 とかありますけれど。



<1> 「君が世界で一番好きなんだ。結婚して下さい」

これは王道でしょ。素直でいい。


<2> 「俺についてこい。そうすればお前は幸せになれる」

なんか亭主関白で予言的な台詞。北斗の拳みたい(笑)。お前はもう死んでいるみたい(笑)。


<3> 「君を幸せにする自信は無いけど、一生好きでいる自信はあるから、結婚して下さい。」

これ、ちょっと弱気じゃない?でも可愛い。母性本能くすぐる系。


<4> 「隣の『座席』もいいけど 同じ『籍』のほうがもっといいかな」

これは芸術的。韻を踏んでるのが好き。よく考えるね~。


女子からのプロポーズ台詞もあってね。これがいいんだ。
<5> 「これからは四季折々の旬な私をご賞味下さい」

ツー。鼻血出ました。これはミッドナイトなセクシー加減がたまらない(笑)。


ドキッとするのがあります。
<6> 「別れよう...もう恋人としては終わりにしたい。今夜から妻になってくれるかい?」

レディを絶望から希望へと誘う罪な台詞やな。これは映画みたい。



映画みたいといえば、『ALWAYS 三丁目の夕日』を見た時にね、吉岡秀隆さんが小雪さんに「あげたいものがあるんです。目を閉じてくれませんか?」と言って、エアー結婚指輪を左手の薬指にはめるんだよ。あれは号泣したな。オールウェイズ、好きな方いますか?お便り下さいね。


プロポーズの台詞は、人生の一大局面のワードなので、どれもドラマティックだよね。


さあ。2曲目はミリオンジャックさん、アップルマグカップさんからリクエストをいただきました切なる愛の歌。




  ★I Need You  /  Maurice White







この曲のラスト付近のモーリスのロングトーン。鋼のようなピーーーンとした声。凄いよね。大サビ、ブリッジ部分の転調もドキッとする。本当に世紀の名曲。
俺はね、今は亡きモーリス・ホワイトですけれども、ジョン・レノン、ポール・マッカトニー、スティービー・ワンダー等と並んで世界偉人ミュージシャン列伝があったら筆頭に挙げられる人物だと思います。最高じゃないですか?


今夜はこれしか無い。馬鹿ップルの気持ちで叫べこのコーナー(笑)!


大好きだよ。私のほうが好きよ。俺のほうが好きだよ。あたしよ~。二人のAOR~!キャハ。



      <俺のAOR>



AORはロマンティックな音楽の宝庫なので、プロポーズに向いているウットリソングは数限りなくあります。しかし、その中でも歌詞がピッタリなものを選んできました。通好みのシンガーソングライター ブライアン・エリオット。後にマドンナのパパ・ドント・プリーチを書く人です。素晴らしいシンガー・ソングライターです。


一緒に買い物に行こうよ。
一緒に朝起きて、抱き合ってキスして、
夕飯を食べて、一緒に隣で寝る。
こんなことが君と出来たら幸せだな。
ただ君と一緒に暮らしたいんだ。




  ★Let's Just Live Together  /  Brian Elliot 「Brian Elliot」 








ブライアン・エリオットのアルバムはAORの名盤ガイドにも必ず載ってて、参加ミュージシャンも豪華でなかなかの好盤。俺はね、大阪の駅前第4ビルとかあるじゃない?そこの中古レコード屋さんで帯付きLPを買ったことを覚えています。


次は俺の大好きなAORソングを皆様に送ります。アメリカ屈指のブラスロックバンド シカゴが、デビッド・フォスターのプロデュースでバラードヒットを連発してたAOR時代の名曲。


「残りの人生、ずっと僕を愛すると誓ってくれるかい?」

「シカゴ18」に収録の、こっぱずかしい程熱烈なプロポーズソング。




  ★Will You Still Love Me?(Composed by Richard Baskin / David Foster / Tommy Keane)  /  Chicago 「18」









本当にいい曲だよね。大学時代かな、この曲を来る日も来る日も聴いて影響を受けましたね。ボーカルはMr.Chicago ピーター・セテラではなく、2代目ボーカルのジェイソン・シェフでございました。知ってましたか?フォスターのアレンジが俺はたまらないね。ザ感動バラードだよね。

皆様、残りの人生、このマニアなDJと過ごしていただけますでしょうか(笑)?
俺のAOR 来週もお楽しみに!



BLUEさんから無茶ぶりリクエストが届いています。

「私はワインが好きなのですが、食事とワインの組み合わせ 。「マリアージュ」って食事がより楽しくなるからとっても大切だと思っています。
そこで「ワインとの完璧な結婚  完璧な相性の音楽」を教えていただけないでしょうか?」


さあ、ワインと最高のマリアージュの曲。俺はどんな曲を選んだでしょうか?1分間考えてお待ち下さい。ヒント: マリアージュ...それはコンビネーションです(笑)。



   CM




  ★Tom and Jerry (main theme) 














トム&ジェリーのメインテーマ。

皆様、意外な選曲だったでしょ?「トム&ジェリー」は、ご存知アカデミー賞を何度も受賞しているアメリカの傑作アニメ。やはりワインとのパーフェクトな相性はチーズです。そしてチーズが好きで好きでしょうがない人はネズミのジェリー。そんな連想ゲームから選曲致しました。まさにパーフェクトマリッジ!ブルースカイさん、この着地はいかがでしたでしょうか?


さあ。次は石井一孝の生歌を聴いていただきたいと思います。僕は俳優を24年やっていますけど、一度、舞台音楽を書き下ろしたことがあります。元来シンガーソングライターでもあるので、曲作りが好きでたまらないんです。

オーストラリアの人気コメディー『花嫁付添人の秘密』という舞台でね、めっちゃ面白かったですよ。そこで40曲くらい書いたかな。その『花嫁付添人の秘密』のメインテーマが、まさに心浮き立つ結婚ソングなんです。聴いて下さい。


作詞  三輪えり花
作曲 歌  石井一孝
ピアノ  松田眞樹  

で、『花嫁付添人の秘密』メインテーマ




  ★花嫁付き添い人の秘密 メインテーマ  /  石井一孝(pf 松田眞樹) 2015.7.20「石井一孝 Musical Concert in 名古屋」より













俺の夢は、オリジナルミュージカルを作曲して、そして出演もすること。遠からず叶えたいなあ。ミットレリスナー、良い脚本を下さい!あと良い演出家も教えて下さい!


続いては、プロポーズスペシャルをやると決めてこれはかけたいと最初に思った曲。アーティストは山下達郎さん。達郎さんは、全世界からもっと評価されるべきだと思いませんか?最高に甘いトロトロのラブソングです。今の季節にピッタリ。




  ★I Love You . . . Part2  /  山下達郎 「Big Wave (1984)」







浜辺でこれを歌われたら、どうするんだ?潮風に心までさらわれちゃうこと間違いなしだろ。



神戸市の男子 港のソウルマンさんからのリクエスト。

「石井さん、初めまして。ロックからAORから何でもかかる濃ゆい選曲が面白くて、毎週のように聴いています。最近ソウルが時折かかるので嬉しいです。プロポーズの曲...アルグリーンの「Let's Stay Together」はダメですか?」


港のソウルマンさん。ダメなわけないじゃないですか?俺はね、ソウルもかなり大好きで、あの名著「USブラックディスクガイド」も愛読しています。

アル・グリーンの1972年の魂のソウル名曲。




  ★Let's Stay Together  /  Al Green









「一緒にいようよ」まさにプロポーズソングじゃないでしょうか?このユルいビートが大人だよね。ため息が出るほど素敵な曲。そうは思いませんか?アル・グリーンは本当に優れた有名シンガーなんですけど、後に神父さんになってしまう異色の人生の持ち主です。良い曲いっぱいです。是非チェックして下さいね。




「Kazu san こんばんは~。ジューンブライド特集ということで、こちらをリクエストします。
オリジナルは67年R&BシンガーのRobert Knight。数多くのカヴァーがありますが、私は1981年のレックススミスのバージョンが大好きです。
当時はFENでよく流れていました。MTV時代ということもあり、PVのイメージからアメリカでは『結婚式ソング』としても大人気だったようです。」


俺もこの曲大好き。このプロモーションビデオ。超面白いんだよね。新郎新婦が妙に肉食系で、結婚式で踊り狂っちゃって、教会の神父さんがたじろぐというビデオなんだよね(笑)。

めっちゃ良い曲です。こんなハイなウェディングソングもいいよね。

FROM KAMAKIRIADさん からの鋭敏なリクエスト!




  ★Everlasting Love (1981年 全米32位 黒人Robert Knightのカヴァー)  /  Rex Smith & Rachel Sweet










いい曲やね~。このRex Smithはこの当時、一世を風靡しためっちゃイケメンのポップロックシンガーなんですけれども、後に俳優に転向して、なんと俺が秋に演る予定の「スカーレット・ピンパーネル」のショーヴランを演じています。俺はショーヴランを演るので同じ役つながりなんですよね。シンパシーを感じます。


番組ラストは5月にリリースしたばかりの俺のニューアルバムの曲をお聴き下さい。

花火大会の夜、この人が人生で一番大切な人だと気づき...人混みの中、2人だけで何時間も見つめ合っちゃうというちょっと馬鹿ップルな香りの曲です(笑)。

実は大学時代  30年前に書いた曲なんですが、サビが気に入らなくてずっとお蔵入りで、昨年の夏に一念発起して完成させた執念の曲、お聴き下さい。注目は2コーラスが終わった後の間奏です。ボストン・クイーン・ジェイグレイドンばりのギターオーケストレーションをご堪能あれ。


苺さん、アーリーバードさん、コロコロさん、sweet mosesさん、モーリスママさん、ななりんさん、めぐみさん、くるみさん他 多くの方からリクエストが来ています。

作詞・作曲 石井一孝
「Swing in the Midnight Blue」収録のFor Tonight




  ★For Tonight  /  石井一孝 from「Swing in the Midnight Blue」








<漢字一文字キザ台詞>


銭形親分の女将さんからいただきました漢字...


「"銭" 

石井さん、この漢字で心をキュンと鷲掴みする台詞を考えてくれたら、ミットレに一生、身を捧げます。絶対に無理だと思ってリクエストしました」



そう俺はケチさ。一紙半銭もおろそかにせず生きてきた。でももし、お前の一生分の愛を手に入れることができるなら、有り金をはたいて指輪を買おう。結婚してくれるかい?

Good Night, baby. 君の夢に俺を誘ってくれ。おやすみ。








  ★石井一孝がDJをつとめるラジオ番組 『Midnight Treasures』(ミットレ)。真夜中の宝箱です。


関西のラジオ局 FM Cocolo 765 (http://cocolo.jp)にて毎週火曜日24:00〜25:00 絶賛オンエア中!。そのリピート放送が、時折ですが、日曜日26時〜27時にございます。



Radikoプレミアムに登録していただければ日本中どこからでもお聴きいただけます。沖縄からも北海道からも、もちろんお聴きいただけます。





AOR・SOUL・ROCK・JAZZ・ミュージカル・石井のオリジナル曲まで「Cocoloを燃やし、Cocoloを癒し、Cocoloを虜にする」...Fabulousな曲しかプレイしません。「生歌コーナー」「ゲストコーナー」もあり。是非聴いてね。



   【リクエストコーナー①】

お題が3つあります。



「プロポーズをする時、される時のこの1曲」
「海の曲。海岸・波・潮風など海関連の曲ならなんでもけっこうです」
「祭り関係・Festival関係の曲。または祭りな気分になれる曲」 (New)



お題に合わせてエピソードとリクエストを送って下さい。あ、でも曲目だけでもいいですよ。







お題を聞いて、アナタが「あ、この曲にぴったり!」と思う曲をエピソードと共に送って下さい。でも、エピソードが難しそうなら潔く(笑)曲だけでもいいですよ。例えば映画音楽のように、歌が入っていないインストルメンタルの曲でももちろん構いません。




  【リクエストコーナー② 無茶ぶりリクエスト!】




これがサタトレの名物なので力を入れています!!リクエストを読まれる可能性が高いから狙い目っすよ(笑)。毎週かならず「無茶ぶりリクエスト」は選曲にからめています。



シチュエーションだけを決めて、選曲を番組DJ:石井一孝に託して下さい。
例えば...
「毎朝ランニングをしているのですが、挫けずに走れる曲をかけて下さい。」
「妻とケンカをしてしまったので、仲直りできるような曲をお願いします。」
...というように、こんな曲を選んで!というメッセージ(無茶ぶり)を送って下さい。
私が無茶な設定にもかかわらず最適な楽曲をオンエアしてみせます(自信満々)。






【③  漢字一文字キザ台詞】



番組の最後、みなさんとのお別れ際の新メニュー。石井一孝に何か漢字一文字を提示して下さい。その漢字からコッ恥ずかしいキザ台詞を作る。そんなコーナーです。


例:夢     

君を抱きしめているこの時間...夢だと思う?まさか。僕の腕がしびれているのが何よりも現実を物語ってるよ。



アナタの考えた『漢字一文字』をドシドシ送って下さい。変なやつも欲しいです。釘とか壁とか糠とか(笑)。







リクエスト急募【 ミュージック寺子屋】


CDとLPを30000枚以上もコレクトする俺。洋楽にめっぽう強いんですが、よく知らないアーティストも勿論いますし、詳しくないジャンルもあります。そこで鋭敏なリスナーの皆様にそんな音楽を教えていただきたいというオネダリ感満載のコーナー!「ローリング・ストーンズ」「ジミ・ヘンドリックス」「デヴィッド・ボウイ」「レッド・ツェッペリン」「ジェフ・ベック」「エリック・クラプトン」「エルヴィス・プレスリー」「キング・クリムゾン」「エルヴィス・コステロ」「ボブ・ディラン」「ジェイムス・ブラウン」と来ました。


第12回は、星空へ旅立った不世出の天才「プリンス」を特集致します。石井一孝(イッシ〜)が気に入りそうな美しい楽曲・グルーヴィーな楽曲を教えて下さい。男子!きっと好きだろ(笑)!知ってるんだ!立ち上がってくれ!熱いお便りをくれ〜!



山野楽器さん7.jpg







石井一孝ニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』。全国の山野楽器さんで販売中。購入者特典イベントが7/29(金)に開催されます。トーク&歌&レコーディング映像上映会。是非ご参加下さいね。


   





   ★I Could Be That Guy(いつか、あいつになってやる)       from 石井一孝ニューCD『Swing in the Midnight Blue』

















石井一孝の20曲2枚組の渾身のニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』





   <収録曲>


★『CHESS』より

You and I (reprise) with 安蘭けいさん

Where I Want To Be  with AKANE LIVさん



★俺の書き下ろした渾身のアダルトAORデュエット『5センチの勇気』with 姿月あさとさん




★『天使にラブソングを』より、エディーの歌う切ない心「I Could Be That Guy」



★『ゾロ ザ・ミュージカル』よりホープ そして ラモンの子守唄。



ご覧のように...ミュージカルも豪華ゲスト様参加オリジナル曲もガッツリ収録しています。特に『ラモンの子守唄』を自分のアルバムでカヴァーしている俳優は、世界中で俺一人だと思います(笑)。



全体に大人っぽいアダルトな仕上がりになっていると思います。ジャズやソウルタッチの曲も多いです。是非是非聞いて下さいね。






おはよう。九州や西日本で記録的な大雨とのこと。皆さん、大丈夫ですか?東京は水不足に喘いでいるのに...自然の気まぐれには言葉がない。元気だよ〜の一言、待ってます。



昨日、帝劇ディスコでのラストダンシングを終えた。演出・脚本・楽曲・キャストのクオリティーの高さ...お客様とのあり得ない程の一体感...劇場が揺れるほどの合同ディスコ大会...子供から大人まで誰が見ても笑顔になれる魔力...。



まさに奇跡のミュージカルだと思う。



重厚で泣ける作品が好きな日本のミュージカル事情の中、まったく新しい切り口の明るい作品がここまで受け入れられるなんて。嬉しい驚きだ。



それもこれも皆様の熱い声援あればこそ。本当にありがとうございます。



まだまだ続く『天使にラブ・ソングを』。これから、北海道から九州まで、君住む街を訪れることができるのが幸せでならない。率直に言って、自分が参加してるからじゃなく、この作品オススメです。



コメディータッチですが、笑えるだけでなく、なんと泣けるんです。ここが秀逸なポイントなんだよね。ミュージカルなんて見てことない...そんな初めての方にもどストライク。心よりお待ち申しげております。



さて、今夜24時〜は「石井一孝のMidnight Treasures」。FM Cocolo。今日は遂に"プロポーズ・スペシャル!プロポーズする時される時にこんな曲がかかったら嬉しい、そんな曲を10曲も選びました。トークがこれまた冴えてるんです(笑)。かなり面白いと思います。

『天使にラブ・ソングを』の話題からSoul曲もオンエア。生歌もまさかのあの曲が!「Swing in the Midnight Blue」はプロポーズにピッタリのバラードをご用意。



眠気まなこにカツを入れて、まぶたに棒を入れてでも聴いて欲しい1時間。真夜中にお逢いしましょう。





蘭寿とむちゃんデロリスとエディ.jpg





  ★石井一孝がDJをつとめるラジオ番組 『Midnight Treasures』(ミットレ)。真夜中の宝箱です。


関西のラジオ局 FM Cocolo 765 (http://cocolo.jp)にて毎週火曜日24:00〜25:00 絶賛オンエア中!。そのリピート放送が、時折ですが、日曜日26時〜27時にございます。



Radikoプレミアムに登録していただければ日本中どこからでもお聴きいただけます。沖縄からも北海道からも、もちろんお聴きいただけます。





AOR・SOUL・ROCK・JAZZ・ミュージカル・石井のオリジナル曲まで「Cocoloを燃やし、Cocoloを癒し、Cocoloを虜にする」...Fabulousな曲しかプレイしません。「生歌コーナー」「ゲストコーナー」もあり。是非聴いてね。







★8/28(日) に、石井一孝ミュージカルコンサート「ミュージカル高座2016」開催!



場所   浜離宮朝日ホール 小ホール
日時   8/28 (日)  13:00  /  16:30 開演
一般発売  7/2 (土) チケットぴあ、及び石井一孝公式サイトにて



スペシャルゲスト:石川 禅さん!!!!!







top_bnr49




ミスサイゴンの初演でデビューして24年。わたくし、かなりの業界通でございます(笑)。ミュージカル界の「ここが知りたい」などの話を中心に噺家としてのトーク(あほ)を、そして胸踊るミュージカルソングを歌います。



皆様の愛する『天使にラブ・ソングを』からはもちろん、『チェス』から「Someone Else's Story」etc。『ミスサイゴン』から「命をあげよう」。『魔法にかけられて』から「So Close」。さらに秋に上演される『スカーレット・ピンパーネル』からショーヴラン曲なども数曲歌いたい!と思っています。



他にこの曲を歌って欲しいというリクエストも受け付けます。アラジンのProud of your boy とかは聴きたいですか?



   終演後には、ニューアルバム・チャリティー・サイン会も開催致します。サイン会の収益の一部を熊本地震の被災地に寄付させていただきます。









現在、帝国劇場で絶賛上演中のミュージカル『天使にラブソングを ~シスター・アクト~』。1幕後半で、ガングロアフロの警官 わたくしエディが歌う「I Could Be That Guy」(トラボルタに憧れ妄想する曲 笑)の渾身の動画を作成しました。最新の映像です。是非ご覧下さい。動画の前後に、ラジオDJのようにペラペラ喋っています。これは粉骨砕身のトークです(笑)。




ニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』に収録しています。日本語版が聴けるのはこのCDのみ!是非聴いてみて下さいね。



全国の山野楽器さんで絶賛販売中。購入者特典で7/29にイベントを開催致します。


   





   ★I Could Be That Guy(いつか、あいつになってやる)       from 石井一孝ニューCD『Swing in the Midnight Blue』










おはよう。汗かきエディ...またの名を「当て書きエディ」です(笑)。いや、汗だくの設定はカズだけだよね?と仲間からよく言われますが、アメリカでもそういう設定なんですよ!声を大にして言っておきます(あほ)。



本日、帝劇ディスコで堂々の千秋楽。皆様からの拍手と声援が熱い熱い。幸せなひと月でした。本当にありがとう。



我らがデロリス 蘭寿とむちゃんを、ヤラシサ満点の(失礼 笑)大澄賢也カーティスから、必死に守ってきます。必ずや!



千秋楽メッセージ待ってます。っって、おねだりか(あほ)!


追記    石井のラジオ番組「Midnight Treasures」。火曜日にオンエアしたものが、今夜26時〜27時(かなり深い時間ですが)に再放送になります。むろん、森公美子さんと蘭寿とむさんのインタビューコメントも再び聴けますよ。『天使にラブ・ソングを』への決意・抱負・愛・感謝の言葉がいっぱい詰まっています。俺の選曲も名曲ばかりをお届け。FM Cocoloです。どうぞお聞きください。




おはよう。『天使にラブ・ソングを』帝劇教会もクローズまであと2日。誰か寄付を!ご慈悲を!寄付があれは教会が存続できるかもしれません(笑)。



さて、今日はモリクミちゃんの千秋楽。ダイナミックで感情豊かで豪快なデロリス。クミちゃんの目を見ていると、その瞳の深さから、演じているこっちまで泣きそうになる時がある...ジーン。素晴らしい。



では。チーズステーキをモシャモシャ食べて、命がけでデロリスを守ってきます。



本日6/19(日)16:15~CS衛星劇場にて、こまつ座 『小林一茶』(2015年4月上演)がアンコール放送されます。井上ひさし氏が鮮やかに描く傑作評伝劇。俺は一茶の宿敵・竹里役を演じました。一茶は、その後もとても仲良くさせてもらってます和田正人くん。 お米は修道院長 鳳蘭さんのお嬢様 荘田由紀さん。終演後ダッシュで帰宅して見て下さい!舞台のテレビ放映は珍しいですよ〜。

http://www.eigeki.com/series?action=index&id=9058&category_id=7



ショートヘアー(笑)とロングアフロ(あほ)。この2人が同一人物だと気づく人はいるのだろうか...?





小林一茶 竹里です.jpg




毛が伸びたわたし.jpg





★8/28(日) に、石井一孝ミュージカルコンサート「ミュージカル高座2016」開催!



場所   浜離宮朝日ホール 小ホール
日時   8/28 (日)  13:00  /  16:30 開演
一般発売  7/2 (土) チケットぴあ、及び石井一孝公式サイトにて



スペシャルゲスト:石川 禅さん!!!!!







top_bnr49




ミスサイゴンの初演でデビューして24年。わたくし、かなりの業界通でございます(笑)。ミュージカル界の「ここが知りたい」などの話を中心に噺家としてのトーク(あほ)を、そして胸踊るミュージカルソングを歌います。



皆様の愛する『天使にラブ・ソングを』からはもちろん、『チェス』から「Someone Else's Story」etc。『ミスサイゴン』から「命をあげよう」。『魔法にかけられて』から「So Close」。さらに秋に上演される『スカーレット・ピンパーネル』からショーヴラン曲なども数曲歌いたい!と思っています。



他にこの曲を歌って欲しいというリクエストも受け付けます。アラジンのProud of your boy とかは聴きたいですか?



   終演後には、ニューアルバム・チャリティー・サイン会も開催致します。サイン会の収益の一部を熊本地震の被災地に寄付させていただきます。






九州がんばれキャンペーン バナー.jpg





現在、帝国劇場で絶賛上演中のミュージカル『天使にラブソングを ~シスター・アクト~』。1幕後半で、ガングロアフロの警官 わたくしエディが歌う「I Could Be That Guy」(トラボルタに憧れ妄想する曲 笑)の渾身の動画を作成しました。最新の映像です。是非ご覧下さい。動画の前後に、ラジオDJのようにペラペラ喋っています。これは粉骨砕身のトークです(笑)。




ニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』に収録しています。日本語版が聴けるのはこのCDのみ!是非聴いてみて下さいね。



帝国劇場で販売しております。また全国の山野楽器さんでも購入可。7/29に購入イベントあり。


   





   ★I Could Be That Guy(いつか、あいつになってやる)       from 石井一孝ニューCD『Swing in the Midnight Blue』











速報。吉報。驚報。ワンダ報。



みなさん、腰を抜かしていただいておりますでしょうか?なんと8/28のミュージカル高座のゲストに...カーティス役の石川 禅さんをお迎えすることが決まりました。目も眩むような幸せです。



禅さんは、初演の『ミスサイゴン』のオーディションから俺を知っている、この業界で最も昔からの知り合いです。つまり1991年の正月開けくらいからだから、25年半前のアホな俺(笑)を知っているのです。あたくし...23歳でした。舞台のイロハも知らず、やんちゃなだけの俺。おそろしい時代です(爆笑)。



禅さんにはその後も、「サイゴン」「レミゼ」と長い間かわいがっていただきました。マリウスをダブルキャストで演じていた時代もけっこう長かったです。こんな俺を今に導いて下さった尊敬する大先輩です。だから今回の天ラブでの再会がめっちゃ嬉しいんです。禅さんがタクシー運転手を脅すシーンは、全回、袖から見ています。すごい迫力でっせ!



まあとにかく言えそうなネタにしぼって、恥ずかしそうなお互いの過去を暴露しあったり(笑)、いまだかつてガッツリデュエットを歌ったことがないので、潤いのデュエットを、熱いデュエットを皆様にお届けしたい...そう思っています。どんなデュエット曲が聞きたいですか?



いやあ、トークがやばいなあ。お互いに知り過ぎているから(笑)。一緒に旅行にも行ったことあるし、一緒に....本番にとっておきます。




7/2(土)に チケットぴあ・石井一孝公式サイトで一般発売です。ご期待下さい!






カーティス役 石川 禅さんと.jpg






★8/28(日) に、石井一孝ミュージカルコンサート「ミュージカル高座2016」開催!



場所   浜離宮朝日ホール 小ホール
日時   8/28 (日)  13:00  /  16:30 開演
一般発売  7/2 (土) チケットぴあ、及び石井一孝公式サイトにて



スペシャルゲスト:石川 禅さん!!!!!







top_bnr49




ミスサイゴンの初演でデビューして24年。わたくし、かなりの業界通でございます(笑)。ミュージカル界の「ここが知りたい」などの話を中心に噺家としてのトーク(あほ)を、そして胸踊るミュージカルソングを歌います。



皆様の愛する『天使にラブ・ソングを』からはもちろん、『チェス』から「Someone Else's Story」etc。『ミスサイゴン』から「命をあげよう」。『魔法にかけられて』から「So Close」。さらに秋に上演される『スカーレット・ピンパーネル』からショーヴラン曲なども数曲歌いたい!と思っています。



他にこの曲を歌って欲しいというリクエストも受け付けます。アラジンのProud of your boy とかは聴きたいですか?



   終演後には、ニューアルバム・チャリティー・サイン会も開催致します。サイン会の収益の一部を熊本地震の被災地に寄付させていただきます。






九州がんばれキャンペーン バナー.jpg





現在、帝国劇場で絶賛上演中のミュージカル『天使にラブソングを ~シスター・アクト~』。1幕後半で、ガングロアフロの警官 わたくしエディが歌う「I Could Be That Guy」(トラボルタに憧れ妄想する曲 笑)の渾身の動画を作成しました。最新の映像です。是非ご覧下さい。動画の前後に、ラジオDJのようにペラペラ喋っています。これは粉骨砕身のトークです(笑)。




ニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』に収録しています。日本語版が聴けるのはこのCDのみ!是非聴いてみて下さいね。



帝国劇場で販売しております。また全国の山野楽器さんでも購入可。7/29に購入イベントあり。


   





   ★I Could Be That Guy(いつか、あいつになってやる)       from 石井一孝ニューCD『Swing in the Midnight Blue』













   <最終疾走のお題>


1  美しくキラキラしたテンションで進めたミットレ#10はいかがでしたか?気に入った曲はありましたか?




2  フィリーソウルはお好きですか?また、ゴスペルはお好きですか?




3  ブラックアーティストのAORはいかがですか?白人のAORとは少し違うでしょ?やっぱり金物系のパーカッションを好んでかぶせるのがブラック的だね。なんか血が騒ぐ音だね。





4   あなた...何にどんな呪文をかけたいですか?例:会社の上司に黙る呪文をかけたい(笑)。



5 モンリタコンの「Swing in the Midnight Blue」は気に入っていただけましたか?ベースの立川さんのグルーヴが素晴らしいと思わんか?1音1音が粒立ってるんだよね。俺はこのベースでご飯3杯いけます。







追伸:  回顧録のお題は、みんなを楽しい気持ちにさせたくて面白おかしく書いています。でも分量多いです(笑)。ミットレ・ディレクターの岸野さん、井上くんからも「石井さん、欲張りすぎです」と言われています(笑)。

そんなわけで、全部答えなくても大丈夫です。一言「楽しかったあ」とか「〜〜という曲が好きでした」とかだけでも全然OK。一言でも回顧録に参加してくれる方が嬉しいなあ。




わたしには敏腕コメントなんて書けないし...とお嘆きのあなた!もっと極端に短いコメントでも大丈夫です。例えば



「石井さん、今回はスイブルが一番好きでした」
「カズさん、らんとむさんのコメントが聴けて嬉しかったです」
「クミさんのデロリスが大好きです。 だからクミさんトークが目当てで聴きました」



これだけでもいいんだ!質問は全部無視しても構いません!どうだ、この歩み寄りぶりは(笑)!




そんなわけで、初めてコメントの方、大募集中。


よろしくね〜(((o(*゚▽゚*)o)))






     <再放送のお知らせ>
 6月14日放送のMidnight Treasuresが6月19日 26時〜27時に再放送されます!
 聴きの逃してしまった方、もう一度聴きたい方もお聴き逃しなく!!






~Midnight Blueな夜の帳が...あなたの心をやさしく撫ぜるひととき...真夜中の宝箱~


ハローミッドナイト!
みなさん暑さに負けてませんか?
先日、今年は歴史上一番暑い夏になるだろうって予報を見ました。マジっすかと思いました。直射日光を避けて身体を守ろうね。元気が一番だからね。

さあ、本日のミットレはスペシャルでお届けいたします!
現在、東京で上演中。7月2日~3日に大阪にやって来るミュージカル『天使にラブ・ソングを ~シスター・アクト~』この上演を記念して、ソウル曲を中心とした選曲をしてまいりました。この作品で僕は"汗かきエディ"という警察官の役を演じているんですが、今日は何と森公美子さんと蘭寿とむさん、主役のデロリスを演じている2人、ダブルデロリスからのコメント、俺との対談もオンエア致します。楽屋で自ら俺がインタビューしてまいりました!これはレアだよ。聞き逃せないよ!


さらにプレゼントがございます!
俺のニューアルバム「Swing in the Midnight Blue」にサインをして2名の方にプレゼントいたします!



『天使にラブ・ソングを』は1977年のフィラデルフィアの物語という設定になっています。これには意味があるんだよね。77年というのは「サタデーナイト・フィーバー」が大流行していたディスコ全盛時代。

さらに、場所がわざわざフィラデルフィアになっているのも、フィラデルフィア・ソウル 通称フィリーソウルといわれるあの音をアラン・メンケンが狙い打ちたかったからに他なりません。アラン・メンケン流 書き下ろしフィリーソウルが素晴らしいのなんの。聴かなきゃ大損ですよ、奥さん(笑)!


さあ。まずはその噂のフィリーソウルとは何ぞや?の大名曲から行きましょう。実はかなり日本人が好きなジャンルなんですよ。

これはクイズ番組「なるほど!ザ・ワールド」のテーマとして有名だと思います。




  ★Trammps Disco Theme(なるほど!ザ・ワールドのテーマ)  /  The Trammps 








フィリーソウルの特徴は、普通のソウルミュージックほどコッテリしてなくて、フェイクもそんなに多くないんだよね。爽やかでメロディアス。バイオリンの弦セクションがキラキラしていること。一口に言うと美しくウットリするようなブラックミュージックだね。フィリーソウル、めっちゃオススメです。是非チェックしてね。


本日のミットレは、美しくキラキラしたテンションで進めてみたいと思います。アハハハハ。




     CM




では、ここからは『天使にラブ・ソングを ~シスター・アクト~』の主役デロリスを演じている森公美子さんのインタビューをお届けしたいと思います。クミちゃんとの出会いは20年くらい前かなぁ?俺が『レ・ミゼラブル』のマリウスを演っていた時にマダム・テナルディエを演じていました。クミちゃんは最初に会った時からすごくあったかい人で、人間がデカイ。良い俳優・良い女優というのは人間力が優れているんだよね。クミちゃんもそんな人なんですよね。だから人に愛を与えられるんだと思います。




   <森公美子さんとのインタビュートーク>




オ~イエ~!天ラブがいかに素敵な作品か、クミちゃんの弾んだ言葉からもわかってもらえたんじゃないでしょうか?マジでオススメの作品です。それでは天ラブの楽曲から1曲お聴きいただきたいと思います。まさに劇中でデロリスが歌う、1970年代の薫りの甘酸っぱいジャンプナンバー。




  ★Fabulous, Baby!  /  Original London Cast Recording of Sister Act  









めちゃいい曲だと思いませんか?アラン・メンケンが70年代のフィリー・ソウルを狙い撃って書いた新曲ですよ?あの時代の空気を感じるし、単純に優れた曲だと思います。
7月2日~3日大阪で上演しますので、ぜひ来て下さいね。待ってます。


さあ続いては、ゴスペルフィールで、大きな声でFabulousに叫ぼうこのコーナー!




   <俺のAOR>




本日の「俺のAOR」も、この流れから「ブラックアーティストのAOR特集」でいきたいと思います。前にも話しましたが、AORというのは基本的に白人の音楽ジャンルなので、黒人が同じことをやっても「ブラックコンテンポラリー」とか「ソウル」と呼ばれてしまいます。なんか不思議だよね?。でも、俺はそういう分け隔てなくAORを自由にとらえています。これはどう考えてもAORでしょ?という隠れた名曲をミットレリスナーに贈ります!


まずは、シカゴソウルの重鎮ブラックシンガー Walter Jackson。この人はかなりの通以外は知らないと思うけど、震えるほど歌の上手い方でね、俺は大好きです。この方の「Portrait Of Walter Jackson」というアルバムに、超絶AORタッチな曲があるんです。これは誰も知らない曲...のはずなんですが、なぜかリクエストが来ています。


大阪府のミスラバーさん。あなた何者なんですか?こんな通なリクエスト。サイコーです(笑)。ではいってみます。




  ★It's Cool  /  Walter Jackson 「Portrait Of Walter Jackson」









痺れるだろ!このお洒落具合!俺はお茶の水の中古レコード屋でこれを初めて聴いた時にぶっとんだことを覚えています。ホーンセクションがたまらないよね。SexyでMidnightな空気感。喜んでいただけましたでしょうか?


続いて、これもAORとして語られることはないと思いますが、爽やかでAdultなフィールがご機嫌なアーバン・チューン。良い曲満載のブラック・グループ 「コン・ファンク・シャン」のBy Your Side




  ★By Your Side  /  Con Funk Shun 「Spirit Of Love」  









この、ゆるーいフィールがお洒落だよね。Con Funk Shunは1970年~80年代を駆け抜けた黒人のスーパーファンクバンド。名曲の多いバンドですが、特にバラードベストはヤバイっすよ。是非チェックして下さいね。

今週の「ブラックアーティストのAOR特集」いかがでしたか?来週もお楽しみに!



夏にふさわしい無茶ぶりリクエストが来ています。


東京都の洗い屋キャリーさん

「かずさん、こんばんは。
私はキツイ筋トレや有酸素運動にも耐え、ダイエットを頑張っています。でもどーしてもお菓子が好きでやめられません。こんな時に「止めなよ、太っちゃうわよ」と引き止めてくれる曲があったらお願いします」



長野県松本市のシスター・メアリー・ポチャ子さん

「石井さん!大好きな彼に「夏休みに海に行こうよ」って誘われました。

きたーーーーーっ!!(≧∇≦)

めっちゃ嬉しくって「じゃあビキニ着ちゃおうかな♪」とうっかり言ってしまったところ、彼も「えっ!本当に?」と満面の笑顔。
っっって、よく考えたら、冬場に食べ過ぎて体重増加中の私。
ビキニなんて夢のまた夢なぽっちゃりボディでした...!(T_T)

でも、彼のあの笑顔を見たら、いまさら取りやめにするのも何だか申し訳なくて...
石井さん!すぐ何とかしたいです!今すぐ脂肪が溶けて、ウエストにくびれができる曲をお願いいたします。

P.S.緊急を要しますので、できましたら「回答は2年後」とかはナシでお願いいたします(笑)!!」



さあ。このお二人の赤裸々なお悩みに、わたくしはどんな曲を処方すると思いますか?1分間腕立て伏せをしながらお待ち下さい(笑)。




     CM




  ★Abracadabra  /  Steve Miller Band 「Abracadabra (1982) 」









やっぱりあまり無理なダイエットは続かないので、毎日継続できる軽いやつがいいよね。俺も太らないように節制は多少してるんだけど、夜はご飯粒を食べないようにするとか、その程度。でもそれでも効果はあるよ。

それでもまだキツいっていうお嬢さんの場合はね、脳みそを騙す!これはどうでしょうか?「思ったように痩せないわたし。それなら己に呪文をかけるのよ。そう。痩せてなくても痩せてるって思い込むの。自己暗示、いや自己催眠よ?」。いかがでしょうか(笑)?

このような見地から選んだのが「アブラカタブラ」でございました。洗い屋キャリーさん・メアリーシスターポチャ子さん、冗談はともかく、私ならできる!そう呪文をかけてみて下さい。成功を祈ります。




さあ。次は恐怖とクールに満ちたスリリングなジャズをおかけします。お子ちゃまは今すぐ寝るように。では5/4拍子に溺れて下さい。
Paul DesmondのLady in Cement




  ★Lady In Cement(甘くてスリリング。素晴らしい)  /  Paul Desmond 「Summertime」 









Paul DesmondのLady in Cement セメントの女、お聴きいただきました。この曲は、1968年 フランク・シナトラ主演の映画「セメントの女」のテーマソングとのこと。俺も最近知って、こりゃあかっこええと思いミットレリスナーに紹介したくなったと、そういうわけ。この変拍子ごきげんじゃないですか?俺はこういう凝った曲が好きなんだよね。変拍子好きなリスナー!俺と変拍子変態クラブを組みませんか?特に男子!こういう曲が好きな変態いるだろ?っって変拍子が好きなのは変態だと決めつけています(あほ)。



はい。では、ここでお待ちかね。『天使にラブ・ソングを』の、もう1人のデロリス役。兵庫出身のこの方、蘭寿とむさんとの対談をお聴き下さい!

俺は"まゆちゃん"と呼んでるんですが、まゆちゃんとの共演は初めてなんです。元宝塚の男役トップスターさんということで、どんな方なんだろう?と思ったんですけれども、本当に素晴らしい。歌えて芝居ができてダンスが出来て三拍子揃っていて何より人間力があって。急激に親しくなって、大好きになりました!




   <蘭寿とむさんとのインタビュートーク>





森公美子さんと蘭寿とむさんのインタビューいかがでしたか?2人のダブルキャストで関西に来ますので、皆様、ぜひ梅田芸術劇場に来て下さいね!

さあ。蘭寿さんの熱いメッセージを受けて、フィリーソウルの名曲をもう1つオンエアします。トロトロに溶けて下さい。

スミレさん、ロバートちりちりパーマーさんからのリクエストで...




  ★You Are Everything  /  The Stylistics










Stylistics には深雪さんからもリクエストをいただいておりました。この曲を書いたのが、フィラデルフィアにこの人あり!と言われた天才ソングライター  トム・ベル。この人の書く曲はどれも甘くてキレイなんだよね。La La means I Love Youもトム・ベル。すごくない?
スイートなバラードを書かせたら右に出る人はいない。そのくらいの天才ですよ。ミットレの女子!絶対にチェックした方がいいよ。


番組ラストは、恒例の生歌で締めましょう。俺のニューアルバム「Swing in the Midnight Blue」のタイトル曲です。

橋本さとしさん・岸祐二くんとのユニット「モンスターズ」の2月のリターンズ公演の生音源です。

作詞・作曲・アレンジ・歌  石井一孝。




  ★Swing in the Midnight Blue@モンスターズリターンズ  /  石井一孝










<漢字一文字キザ台詞>

sweet mosesさんからいただきました漢字...

「虹」


どんなに悲しいことがあっても、その先には君を照らす虹があるからね。僕はその虹を支える青空でいたい。











  ★石井一孝がDJをつとめるラジオ番組 『Midnight Treasures』(ミットレ)。真夜中の宝箱です。


関西のラジオ局 FM Cocolo 765 (http://cocolo.jp)にて毎週火曜日24:00〜25:00 絶賛オンエア中!。そのリピート放送が、時折ですが、日曜日26時〜27時にございます。



Radikoプレミアムに登録していただければ日本中どこからでもお聴きいただけます。沖縄からも北海道からも、もちろんお聴きいただけます。





AOR・SOUL・ROCK・JAZZ・ミュージカル・石井のオリジナル曲まで「Cocoloを燃やし、Cocoloを癒し、Cocoloを虜にする」...Fabulousな曲しかプレイしません。「生歌コーナー」「ゲストコーナー」もあり。是非聴いてね。



   【リクエストコーナー①】

お題が3つあります。



「プロポーズをする時、される時のこの1曲」
「海の曲。海岸・波・潮風など海関連の曲ならなんでもけっこうです」
「祭り関係・Festival関係の曲。または祭りな気分になれる曲」 (New)



お題に合わせてエピソードとリクエストを送って下さい。あ、でも曲目だけでもいいですよ。







お題を聞いて、アナタが「あ、この曲にぴったり!」と思う曲をエピソードと共に送って下さい。でも、エピソードが難しそうなら潔く(笑)曲だけでもいいですよ。例えば映画音楽のように、歌が入っていないインストルメンタルの曲でももちろん構いません。




  【リクエストコーナー② 無茶ぶりリクエスト!】




これがサタトレの名物なので力を入れています!!リクエストを読まれる可能性が高いから狙い目っすよ(笑)。毎週かならず「無茶ぶりリクエスト」は選曲にからめています。



シチュエーションだけを決めて、選曲を番組DJ:石井一孝に託して下さい。
例えば...
「毎朝ランニングをしているのですが、挫けずに走れる曲をかけて下さい。」
「妻とケンカをしてしまったので、仲直りできるような曲をお願いします。」
...というように、こんな曲を選んで!というメッセージ(無茶ぶり)を送って下さい。
私が無茶な設定にもかかわらず最適な楽曲をオンエアしてみせます(自信満々)。






【③  漢字一文字キザ台詞】



番組の最後、みなさんとのお別れ際の新メニュー。石井一孝に何か漢字一文字を提示して下さい。その漢字からコッ恥ずかしいキザ台詞を作る。そんなコーナーです。


例:夢     

君を抱きしめているこの時間...夢だと思う?まさか。僕の腕がしびれているのが何よりも現実を物語ってるよ。



アナタの考えた『漢字一文字』をドシドシ送って下さい。変なやつも欲しいです。釘とか壁とか糠とか(笑)。







リクエスト急募【 ミュージック寺子屋】


CDとLPを30000枚以上もコレクトする俺。洋楽にめっぽう強いんですが、よく知らないアーティストも勿論いますし、詳しくないジャンルもあります。そこで鋭敏なリスナーの皆様にそんな音楽を教えていただきたいというオネダリ感満載のコーナー!「ローリング・ストーンズ」「ジミ・ヘンドリックス」「デヴィッド・ボウイ」「レッド・ツェッペリン」「ジェフ・ベック」「エリック・クラプトン」「エルヴィス・プレスリー」「キング・クリムゾン」「エルヴィス・コステロ」「ボブ・ディラン」「ジェイムス・ブラウン」と来ました。


第12回は、星空へ旅立った不世出の天才「プリンス」を特集致します。石井一孝(イッシ〜)が気に入りそうな美しい楽曲・グルーヴィーな楽曲を教えて下さい。男子!きっと好きだろ(笑)!知ってるんだ!立ち上がってくれ!熱いお便りをくれ〜!





現在、帝国劇場で絶賛上演中のミュージカル『天使にラブソングを ~シスター・アクト~』。1幕後半で、ガングロアフロの警官 わたくしエディが歌う「I Could Be That Guy」(トラボルタに憧れ妄想する曲 笑)の渾身の動画を作成しました。最新の映像です。是非ご覧下さい。動画の前後に、ラジオDJのようにペラペラ喋っています。これは粉骨砕身のトークです(笑)。




ニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』に収録しています。日本語版が聴けるのはこのCDのみ!是非聴いてみて下さいね。



帝国劇場で販売しております。また全国の山野楽器さんでも購入可。7/29に購入イベントあり。


   





   ★I Could Be That Guy(いつか、あいつになってやる)       from 石井一孝ニューCD『Swing in the Midnight Blue』











九州がんばれキャンペーン バナー.jpg













石井一孝の20曲2枚組の渾身のニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』





   <収録曲>


★『CHESS』より

You and I (reprise) with 安蘭けいさん

Where I Want To Be  with AKANE LIVさん



★俺の書き下ろした渾身のアダルトAORデュエット『5センチの勇気』with 姿月あさとさん




★『天使にラブソングを』より、エディーの歌う切ない心「I Could Be That Guy」



★『ゾロ ザ・ミュージカル』よりホープ そして ラモンの子守唄。



ご覧のように...ミュージカルも豪華ゲスト様参加オリジナル曲もガッツリ収録しています。特に『ラモンの子守唄』を自分のアルバムでカヴァーしている俳優は、世界中で俺一人だと思います(笑)。



全体に大人っぽいアダルトな仕上がりになっていると思います。ジャズやソウルタッチの曲も多いです。是非是非聞いて下さいね。






おはよう。天ラブLoveな皆様!我らクイーンオブエンジェルス教会修道女と、その取り巻き男子(笑)。いよいよ、帝劇オリンピックスタジアムの第4コーナーに到達しました。直線ストレッチを駆け抜けたらフィンです。



ゴールテープ通過を、2年前の初演もあたたかい拍手で迎えていただきましたが、今回は熱く厚い拍手が待っている...そんな気がしています。だって、ここのところ、カーテンコールの盛り上がりが尋常じゃないから。お客様の目がキラキラじゃなく、ギラギラになってます(笑)。なんたるこった!な一体感!



俺たちのラストラン。見守って下さいね。さて今夜24時〜FM Cocolo『石井一孝の Midnight Treasures』では、お伝えしていた通り、森公美子さんと蘭寿とむさんの愛あふれるトークをオンエア致します。



クミちゃんのシスアクへの深い想い。まゆちゃんの稽古場でのドキドキと決意。お二人の役作り。周りをハッピーにする素晴らしい人間力。アランメンケンの曲が及ぼす天ラブへの影響。キャスト同士の強い絆。



ダブルデロリスのトークから勇気をもらうこと間違いなし!の生ナイス・インタビューになっています。インタビュアーは誰かって?フッ...俺です(笑)。



尺としてもかなり長めなので、クミちゃんファンの皆様。まゆちゃんファンの皆様。天ラブファンの皆様。偶然聞いてしまった皆様(笑)。ご堪能下さい。



音楽的にも天コモリ。今回は『天使にラブ・ソングを』特集なので、天ラブ曲もかかるし、フィリーソウルもガツンと紹介します。俺のAORもまさかのブラック特集!生歌も、禁じ手のあのライブ音源が((((;゚Д゚)))))))  



生唾を飲んでお待ちください。では24時に。


おはよう。休演日の朝。



ここのところ、楽屋で『スカーレット・ピンパーネル』のCDをずっと聴いている。フランク・ワイルドホーン大先生の曲は、色っぽくて切なくて胸が苦しくなるような曲の玉手箱だ。



キャンディードの稽古をしてた頃だから2000年頃かなあ。確か山野楽器さんで『ジキルとハイド』のCDを買ったんだ。アンソニー・ワーロウがジキルをやってる2枚組のコンセプト盤だった。これが素晴らしくて、心臓を直撃されたような想いだった。歌も曲も空気感も。何もかも最高のアルバム。



フランクのメロディーはとにかくアダルトで艶やか。叙情的で感動的。コード進行的に言うとマイナー9thが多用されててセクシーなんだよね。このコードはAORでも黄金のコードで、お洒落でミッドナイトな響きを出すのには最高の和音。AORの貴公子ネッド・ドヒニーは、コードで一番好きなのはマイナー9thだと語っている。



ジキハイの楽曲は黄金の和音が繰り出す魔法の調べ。一発で虜になった。その後、ブロードウェイでクチオリとリンダ・エダーの演技も生で見た。とりわけ好きな曲は「ファースト・トランスフォーメーション」で、「ディスイズザモーメント」じゃないところが俺の変態たる所以かもしれない(笑)。



あれから16年。そんな大好きなフランク・ワイルドホーンの作品と出逢うことになったのだ。胸が高鳴らないわけがない。



海外から譜面を取り寄せて、今日は休演日にも関わらず、ボイストレーナーにショーヴラン曲を見てもらった。まずはファルコン・イン・ザ・ダイヴ。どうなの、この意気込みったら。早くスカピンの世界に馴染みたいんだ。でも、やはり曲が難しい。でもそれにも増して美しい。



8/28のミュージカル高座では、秋の公演に先駆けてショーヴラン曲を歌いたい。天ラブにスカピン。サイゴンに魔法にかけられて。グランドピアノに名手 宮崎誠さんをお迎えして、浜離宮 朝日ホールでミュージカル曲をしこたま歌う宴。



一般発売は7/2(土)。コンサートチラシは帝国劇場で入手できます。お楽しみに...。



追伸     

『天使にラブ・ソングを』の指揮者で、ダンシングコンダクター  スマイリングコンダクターの塩田明弘さん。塩田さんに完全密着したドキュメンタリー番組「一滴の向こう側」の第2回が、今夜22:00~BSフジでオンエアです!第1回目もかな〜り面白いと評判でした。天ラブの稽古場映像もまた出るんじゃないかなあ。是非是非ご覧下さいね!




いやあ暑いね。冬は"ダウンジャケット二枚重ね"にする寒がりチャンピオンの俺が思うんだから、今日は誰でも暑いんじゃないかな?



こういう日の公演は、あ〜た、舞台面がシャカリキに暑いわけですよ。こりゃ汗だくになっちゃうな。っって役にピッタリやないか(笑)!



今週末の俺は強力なワーキング。昨日はマチネの後、「Midnight Treasures」の収録に行ってきました。「プロポーズスペシャル」と「◯◯◯◯スペシャル」をガッツリ喋ってナイス選曲してまいりました。随所に『天使にラブ・ソングを』の宣伝も入れ込んであります(笑)。



次の火曜日6/14 24時〜オンエアのミットレ『天使にラブ・ソングを』特集の完成音源がディレクターさんから届きました。



クミちゃん、まゆちゃんとのトーク。かなり面白い仕上がりになっています。トークのバックにシスアクの曲も流れてます。時間的にもけっこう長尺でデロリストークが流れるので、是非聴いてほしいです。



選曲的にも、シスアクの場所設定がなぜフィラデルフィアになったのか?その真意が俺の選曲から解き明かされます。つまり皆様を、華麗なフィリーの世界に誘いたいというわけ。



本日はダブル公演。灼熱の太陽の下、灼熱の演技で汗かきエディ頑張ってきまーす。イテキマス。






  ★8/28(日) ミュージカルコンサート。
その名もミュージカル高座(笑)を開催します!



場所   浜離宮朝日ホール 小ホール
日時   8/28 (日)  13:00  /  16:30 開演
一般発売  7/2 (土) チケットぴあ、及び石井一孝公式サイトにて





top_bnr49




↓ このチラシは帝国劇場で入手できます。どうぞ手に取って下さいね。




8:28 ミュージカル高座 チラシ.jpg







現在、帝国劇場で絶賛上演中のミュージカル『天使にラブソングを ~シスター・アクト~』。1幕後半で、ガングロアフロの警官 わたくしエディが歌う「I Could Be That Guy」(トラボルタに憧れ妄想する曲 笑)の渾身の動画を作成しました。最新の映像です。是非ご覧下さい。動画の前後に、ラジオDJのようにペラペラ喋っています。これは粉骨砕身のトークです(笑)。




ニューアルバム『Swing in the Midnight Blue』に収録しています。日本語版が聴けるのはこのCDのみ!是非聴いてみて下さいね。

帝国劇場で販売しております。また全国の山野楽器さんでも購入可。7/29に購入イベントあり。


   





   ★I Could Be That Guy(いつか、あいつになってやる)       from 石井一孝ニューCD『Swing in the Midnight Blue』








  ★石井一孝がDJをつとめるラジオ番組 『Midnight Treasures』(ミットレ)。真夜中の宝箱です。


関西のラジオ局 FM Cocolo 765 (http://cocolo.jp)にて毎週火曜日24:00〜25:00 絶賛オンエア中!。そのリピート放送が、時折ですが、日曜日26時〜27時にございます。



Radikoプレミアムに登録していただければ日本中どこからでもお聴きいただけます。沖縄からも北海道からも、もちろんお聴きいただけます。

2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

石井一孝公式サイト
News
Profile
Live
Discography
Links
Members


携帯からはこちら

最近のブログ記事

最近のコメント

月別 アーカイブ